Esporta(エスポルタ)は、スポーツチームや選手とファンのエンゲージメントを強固にし、ファンのダイレクト課金型援助によってチームが活動資金を得るWebサービス。

 

キングコング西野さんが運営するトークンエコノミー。文字をトークンにしたレターポット。

 

blockchain感謝の言葉をトークンにしてやり取りできます。

 

 

まとめ

 

目に見えないものを可視化するというテーマで今日は紹介しましたが、ブロックチェーンの可能性はまだまだこんなものじゃありません。

 

価値とは何なのか?お金とは何なのか?

 

僕たちにこれから必要なのは今までの定義を超えた新しい価値の定義を知ることです。

 

フラシカ
フラシカ
そうだね!もっともっと勉強しよう!

 

2000種以上ある仮想通貨全てが安全であるわけではありません。

ただ、その中から生き残り新しい価値の定義としてトークンエコノミーを形成していくものが必ず現れます。

 

ミミ
ミミ
例えばFacebookが発表予定のLibraは注目です

 

そのためにもまず仮想通貨とは何なのか?それを可能にするブロックチェーンが何なのか?それらがもたらすトークンエコノミーという社会がどういうものになっていくのか?これからも注目していくことが大切です。

いかがだったでしょうか?

これにてブロックチェーン入門編③「見えない価値を可視化していく社会」は終わりです。

 

フラシカ
フラシカ
また別の記事でお会いしましょう!バイバイ!