5G

【クラウド化 】5G×ゲームの未来が変わる。【5G入門編③】

【クラウド化 】5G×ゲームの未来が変わる。【5G入門編③】

 

このブログは来年2020年ついに始まる5Gについて「ゲームの未来が変わる」をテーマにわかりやすく知ってもらうために解説したブログです。

今回は「中田敦彦Youtube大学」の5G編を参考に仕組み用語を中心にまとめてみました。参考になれば幸いです🤗

nakata
オリラジ中田敦彦のYouTube大学【エクストリーム授業一覧】オリラジ中田敦彦のYouTube大学【エクストリーム授業一覧】 こんなお悩みを解決します。 早く...

(中田敦彦Youtube大学で使用された参考本はこちら↓)

ハードディスクがいらない

5g

これから始まる5G時代に革命を起こす4種の神器をまずはチェックしておきましょう!

 

  1. IoT(モノとインターネットを接続する)
  2. クラウド化(インターネットを通じて外部のクラウドサービスを利用すること)
  3. ブロックチェーン(分散型台帳技術)
  4. AI(人工知能ではなくAI技術のこと)

 

この中で今回はクラウド化について解説していきます。

このクラウド化により5G時代のゲームの仕組みは大きく変わります。

stadia

その大きな革命の魁がGoogleが発表したクラウドサービス形のゲーム「STADIA」です。その特徴は

 

  1. ハードディスクがいらない(本体がいらない)
  2. ストリーミングゲーム
  3. 月額料金(無料で遊べるものもあり)
  4. パソコンやスマホから遊べる(インターネットがつながるものならOK)

 

ゲーム機本体が必要なくなり、月額料金になってその中でやり放題って感じ(無料あり・追加課金あり)

そんでインターネットが繋がるものであれば基本そこからクラウドに行って遊べちゃう。

 

ではそのクラウドとは何か?

理解していきましょう

 

クラウドサービスとは?

cloud

 

クラウド = インターネットを通じて、サービスを必要な時に必要な分だけ利用する考え方

 

「クラウド」とはもともと雲っていう意味だよね。

要するにインターネットという空にある大きな雲をイメージするといいです。

その雲の中には巨大な容量のサーバーがあって利用者はその雲から自分が必要な分だけ利用できるシステム。

クラウド市場は大手3社がほぼ占有

(Amazon 、Microsoft 、  Google )

  1. Amazon Web Services (AWS)
  2. Microsoft Azure
  3. Google Cloud Platform ( GCP )

なので今までみたいにダウンロードもアップデートも必要ありません。

自らクラウドに出向いてその中でゲームをプレイするって感じ?

STADIAでいえばGoogleのサーバーの中に行っていろんな人とプレイするって思えばいいですね。

こういうゲームをストリーミングゲームと言います。

 

ストリーミングゲーム

5g

ストリーミングってよく聞くよね?

Amazonprimeのような動画配信にも使われているストリーミングって何?

 

ストリーミング = インターネットに接続しながら映像、音声データが楽しめる再生方式です。ダウンロードのように端末に転送しないため、スマホのストレージ容量を使わないので、ネット環境があればムーズに再生できるのがメリット。

 

ダウンロードとの違いは手元の端末にデータを送る必要がないことだね。だからパソコンもスマホも本体のデータ量(ストレージ)を使わなくて済む。

どうですか?知らない人とかなんとなくわかったふりしてた人もいたでしょ(僕もそうでした😝)

月額料金システム

stadia

ここもポイントですね

コースは2つ。

 

料金は月額約1100円コースと無料コース

 

この辺はスマホゲームのように無料で遊べるようにもしていますが、ハイスペックを求めるガチゲーマーたちの中では月額約1100円コースが主流になっていくのではないでしょうか?

この2つの料金プランにどれくらいの差があるかはまだわかりません。

 

この月額料金制。「クルマの未来編」でもMaaSについて解説しましたが、今までのようにソフトを売るのではなくクラウドを利用して商品やサービスを展開していくビジネスがこれからは当たり前になっていきます。

というか早い企業はもう当たり前のように先行してやってます。(MicrosoftのAdobeとか音楽業界ではspotify)

 

STADIAとして発売するものはコントローラーのみです。ただ既存のコントローラーはほぼ使用できるそうなのでそこで儲けようとしてないところにもGoogleの余裕を感じます。

 

ゲームの未来

stadia

おさらいしましょう!

  • クラウドとはインターネットで必要な時に必要な分だけ利用できる
  • ストリーミングパソコンやスマホのストレージを使わないで再生

STADIAの特徴は?

  • ハードディスクがいらない
  • ストリーミングゲーム
  • 月額料金
  • パソコンやスマホから遊べる
2bro.

Youtubeでゲーム実況が人気であることはGoogleはわかっています。

今後さらにYoutubeのゲーム実況の人気は増えて、それでこそ僕の大好きな2BRO.がSTADIAで実況を始めたら、リアルタイムで弟者の「みんな集まれ!」の一声で一気に視聴者が集まって1つのゲームを何百何千何万人でプレイする時代がくるかもしれません。

(ゲームの中で戦争ができそう…)

サッカーゲームでもそれぞれのポジションごとにうまいプレイヤーが現れて実際のサッカーのようにチームが生まれ移籍とかレンタルとかやれそうな気がします。

(そう考えると今後発売されるソニーのPS5はある意味時代に乗れていないハードディスクになってしまうかもしれません…)

 

いろんな可能性を実現できるのもこれからの5Gがもたらす高速大容量通信 超信頼・程遅延 多数同時接続のおかげです。

IoTが進み例えばクルマ自体がインターネット端末と考えてハンドル操作でゲームできたり、AI技術がより複雑な構築でゲームを面白くしたり、ブロックチェーンがゲーム内の通貨を現実世界でも使用できる仕組みに変えてしまうなんてこともあるでしょう。

というかこれは実際に可能です。

そうなるとRPGゲームの世界で仕事をして現実世界へ換金するみたいな未来が待っているかもしれません。

細田守監督の映画「サマーウォーズ」の世界が僕のイメージなんですが、確かネットの世界にももう1つのコミニティがあって、その中でアバター同士で戦うみたいな話だったはずです。その中で巨大なボスをみんなで倒すみたいな。

とまぁゲームの世界はこれからますます賑わうことにはなると思いますが、まずその仕組みはどうなっているのか?

これを知ることが大切だと思い今回この記事を書かせてもらいました。

いかがでしたでしょうか?

 

これからはゲームを媒体にお金を稼ぐ時代へ!

テクノロジーは止まらない!

ABOUT ME
フラシカ
フラシカ
ブログを書いて生きています▶︎テーマは習慣化・自己肯定・お金▶︎読書習慣を推奨▶︎本は自分を変えるきっかけをくれました▶︎のちに収益化▶︎2020年目標月50万▶︎自分を変えたい人に読んでもらえるブログを目指します

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です